Astral Voyage

Welcome to my blog

Archive2020年05月 1/1

言語+感覚で絵を描くことについて

絵を描くときに、言語的に処理して制作する、あるいは感覚的に処理して制作するパターンがあるのではと思った。自分の場合は後者「感覚的に処理して制作」するパターンだと自覚しています。友人と絵の話をしている時、作品について説明することが苦手で、それは言語にならないような感覚を描こうとしているから、ということもあるし、そもそも説明する(できる)ような内容を描いているわけではない…と思っているので説明や解説を...

  •  0
  •  -