Welcome to my blog

2022年太陽回帰図リーディング

2022回帰図

今年も太陽回帰の時期が来たのでリーディングしてみたいと思います。

1◆Asc 双子座2度「密かに靴下を満たすサンタクロース」
2◆Mc 水瓶座12度「上へと順に並ぶ階段の上の人々」/水星が正確な合/天王星と正確なスクエア
3◆月 射手座21度:借りた眼鏡をかけている子供と犬/7ハウス/海王星とスクエア
4◆太陽 10~11ハウス/木星と誤差6度の合/天王星と誤差5度のセクスタイル
5◆金星・火星・冥王星の合/海王星とセクスタイル

1~2
Asc、Mcともに風のサインで、他者とのコミュニケーションや情報収集・情報発信したり、勉強して知識を増やし交友関係を広げていきますが、距離感は大切にするので深入りはしません。
双子座の初期度数はとにかく好奇心旺盛で、刺激を求め後先考えず頭を突っ込むような所がありますが、興味の対象が次々に移り変わる…飽きっぽいと言われがちですが、それだけ多くの「情報」に接するわけなので、ひとつずつ精査して付き合うような対応をしていたら効率も悪いし頭がパンクします。淡白に、突き放して公平に「見る」のは沢山の情報を知り得るために合理化された、必要なテクニックなんだと思います。

双子座ルーラーの水星はMcと正確な合なので、社会的・対外的な立場で知性を働かせることになり、誤差7度ありますが土星も合として考えると、責任感や義務感を抱えながらの学習や情報発信・交友関係等が示唆されています。
さらに12室・牡牛座の天王星(Mcルーラー)と正確なスクエアです。
インターネット・SNS・精神世界・深層心理などから、自分の考え方やルール・既成概念を揺さぶられる出来事があって葛藤もあるけど、今まで気付かなかった発見や新たなビジョンが見えてくる可能性も。


月×海王星のスクエアは、理想が遠くを目指してどんどん広がり、収集つかず着地点が分からなくなったり、関わる人の意見や意向によって迷い・振り回され、心が揺さぶられて漠然と不安になることも多そうな組み合わせ。目的・目標などを予め幾つか設定して、時々振り返ったり軌道修正する必要があります。

4~5
太陽は10~11ハウスなので、共同体の中に居ながら、成果を出そうとしたり理想を実現化させていくために行動する意志を感じ取れます。突発的な変化や無意識からの閃きによって、社会的に向かう方向が変化していく可能性も。
金星・火星・冥王星の3重合と海王星はセクスタイルなので、徹底的に好きな事に打ち込んで成果を出そうとする意志に海王星の後押しが効いて疲れ知らず…で、気が付かない間に今ココとは違うビジョンが目の前に広がっているような事もあるかも。


出生図・回帰図を重ねてみると
今年は出生図の天体に対する合が多いです。n=出生図/t=回帰図

◆n土星ーt月(射手座21度)
◆n金星ーt金星・火星・冥王星(山羊座23~28度)
◆nIcーt水星(水瓶座12度)
◆n水星ーt木星(魚座13度)

出生図・回帰図の子午線(McーIc)軸に対して回帰図の天王星が正確にスクエアしています。
家や土台を表すIcに回帰図のMcが来ているので、家の中で社会的・公的な立場をとっていく流れでしょうか。
7室からの天王星スクエアなので、こだわりが強くて変わった人(芸術家や占星術師も含まれる)からの影響を受けながら、自分がこれまで培ってきた考え方や生き方の癖、ルーツについて、古いけど新しい考え方・ひらめきが流れ込んできて、その流れで肩書きや社会的な認知のされ方にも変化が出てくるのかもしれません。関わる・所属する集団も変化するのでは。
また、回帰図の月(射手座21度)は出生図の土星と正確な合なので、地球上での役割や課題、目的というものを心理的なレベルで認識し始めるのかも。
ハーモニック(HN)35では水瓶座18度で木星・天王星が発芽(合)しており、回帰図の土星と誤差1度の合です。

HN35=5×7ということで、第5調波「自分らしい生き方、自己主張・勝負強さ」第7調波「夢、理想像、芸術的才能」について掛け合わせて考えていけることになります。
木星・天王星の合は、何かを刷新し拡大させようとする前向きな意志を表します。
対向の獅子座の冥王星と正確にオポジションしているため、権力や支配的なものに対抗しようと意識・行動せずにはいられない衝動を内包しているイメージです。
回帰図の土星を巻き込んで強烈なオポジションを形成しているので、極限的な努力・刷新・改革を楽観的思考で進めていこうとしますが、相手からの圧力によって突然の方向転換・ひっくり返し等を受け、状況は常にひっ迫しています。
さらに、牡牛座の水星(-p月)と不動宮のTスクエアが形成されていますから、思考や心理的には楽観性もあるわけですが、常に極限的な圧迫感や神経過敏さを伴い、心理的・精神的に疲弊してしまいそうです。かなり頑張っていそうです。
寧ろこのぐらいやばそうな状況が示唆されていた方が、現実感やスリルを体感できるかもというワクワク感があります。いざその状況下では悲鳴を上げていると思うんですけれども。出生図で火星ー冥王星オポジションを持つためでしょうか。

ざっくりまとめ

今年の流れとしては、好奇心や期待感をもって実際の出来事や夢・ひらめきから、色んなメッセージを受け取り蓄積し、自分が持っている哲学や理念を軸に、その色んなイメージ・メッセージを駆使して世界の流れや人を見る/情報を発信していく。これは絵の制作・占いの勉強に当てはめて考えていける。

→興味を持って色んな情報をキャッチし、蓄積していく。夢やひらめきも大切なアイディアの源泉。夢日記やアイディア帖のようなものを書く習慣を作ると目にみえて蓄積されていく。自分の場合、絵と占星術は繋がっているので分断しない。

→実用的で安定感のある知識と技術を身につける(Asc双子座→ルーラー水星と土星の合)。
絵の場合、デッサンやスケッチなど、日々の小さな積み重ねが臨機応変に対応できる安定感に繋がる。
占星術の場合は、日々の占い(インスタ・タンブラー)の投稿をより充実させるように意識する。コツコツやる。

→好きな事に徹底的に取り組み成果を出す(n金星=山羊座24度の上でt金星・火星・冥王星合、HN35のMcが合)占星術の知識習得と、絵の深みを出すために掘り下げていく努力をする。

→現在の自分の限界を超越した知識や教養を求め、理想を具現化しようと無茶な跳躍をする(月×海王星スクエア)。
絵のイメージは「火・柔軟・射手座」のイメージと海王星の結びつきを連想させて広げられる。どちらにも「宗教・創造・精神・スピリチュアル」などのイメージが紐づく。創造の中からヴィジョンが見えてくるのかもしれない。

→ICや土台の刷新と拡大を目指し、地道かつ限界突破していくような努力を重ねる。

・・・
おそらく解釈を間違っている部分もあると思うが、書き残さないと知識の蓄積にも発展にもつながらないと思うので、勉強用に残しておきます。ということで今年はこんな感じで太陽回帰図リーディングしました。
いよいよ太陽期(25~35歳頃)を終えるので、今年・来年あたりは目にみえる変化もあるんじゃないかと予感しています。頑張ります。


生きとし生ける生命が幸せでありますように

20220225.jpg

Comments 0