Welcome to my blog

金星・土星・冥王星の合/木星・海王星・ドラゴンテイルの合について

大いなる愛の故郷2

2020年1月の個展から既に2年半ほど経過していますが、この時の星回りを確認していて興味深かったことがあるので書き残します。

2019~2021年は出生図n金星(3ハウス)に対して、トランジットt冥王星がタイトに重なり続けていましたが、この個展開催時期にはt冥王星にt土星もくっついていました。
金星は社交性や愛情・金銭・芸術などを表し、土星・冥王星のコンジャンクションは「極限的な努力」「克己心と野心」「ハードワーク」などを意味します。土星の持つコツコツ努力する力と、冥王星の徹底的にやるという極限的な集中力の組み合わせです。山羊座(支配星は土星ですから、支配星回帰の状態)でのコンジャンクションなので意味合いも強調されます。
金星に土星が関わると、愛情表現や好きな事・金銭的にも抑制的になり、活動宮とは言え控えめで節制するようになります。冥王星が関わるとそこに極限性も加味されることになります。

個展までの半年は人付き合いや買い物などの出費も最小限に抑えて、もくもくと制作したり個展の準備に取り組んでいました。
n金星の抑制が見事に効いていた時期と言えそうです。それによって、友人との交流も出かけることもほぼなくなったので寂しい感じもありましたが、上辺の付き合いは淘汰されました。淘汰される感じは土星・冥王星的です。

そしてn海王星(3ハウス)に対してtドラゴンテイル・t木星が誤差1度未満のタイトなコンジャンクションでした。
時系列が前後しますが、個展の半年前にギャラリー内覧に伺った時期はtドラゴンテイルがn金星にコンジャンクションしていました。ギャラリーとオーナーの雰囲気は初見から素晴らしく良く、変な商売っ気のなさそうな、かといって冷たい感じもせず、自分にとって親しみやすく懐かしい感じすらしました。
時間にして20分ほどの見学でしたが「ここしかない」という気持ちで気に入って帰ったのを覚えています。
ギャラリーの横には墓地があり、さらに近所にはひっそりと佇むスピリチュアル系の書籍やグッズを取り扱う専門店があったり…。真白い壁の静かなギャラリーに居ると、現世的なことから解放されるような不思議な感覚がありました。そして、精神的に共鳴してくれるような人との出会いと交流もありました。海王星という集合無意識や霊的なものを象徴する天体に対して、ご縁を表すドラゴンテイルがコンジャンクションしていた事が影響していたんだと思えます。
また、木星・海王星のコンジャンクションは幸運で浮かれた感じで、ふわふわして地に足着かないイメージもありますが、個展の最中の夢の中に居るような・あの世でもこの世でもない空間に居るような感覚(多幸感)はまさにこのイメージな気がしています。

金星も海王星も、どちらも芸術を表す天体です。
この個展のタイミングでちょうどよくn金星・t土星・t冥王星のコンジャンクション、n海王星・t木星・tドラゴンテイルのコンジャンクションが誤差1度未満で起こっていたのも、不思議な流れに乗っていたんだと思えてきます。
(内覧の直後、2019年7月17日には、n金星の真上で月蝕が起こっていた事も影響していそうです。)

個展を通して、今後の活動方針や自分の創作に対するスタンスが決定的になったと思います。
また、個展の直後には「おなかの中のミノルくん」連載がはじまり取材と作画とで多忙でした(コロナウイルスの流行もあり)…
土星・冥王星コンジャンクションの影響はしばらく続いて大変な時期でした…と、今なら占星術の観点から客観視できます(._.)
しかしながら、好きなことをやっている感覚だったので、辛いとか泣きたいとかネガティブな気持ちは一切なかったです。1年近く、ずーーーっとプレッシャーに耐えていたとは思いますが…

創作活動で個展を開いたりイベントに参加したり、というのは5ハウスの影響も大きいと思うのですが、私にとっては3ハウス的な「学習」「コミュニケーション」という要素も強いのでしょうね。
金星は牡牛座(7ハウス)と天秤座(12ハウス)のルーラーです。また、7ハウスはもともと天秤座の位置です。
他者と関わる事や孤独な制作活動の向かう先が3ハウス。
創作を通して、他者と積極的に能動的にコミュニケーションしたい欲求を内包した金星であることが分かりました。

Comments 0