Welcome to my blog

東南アジアの仏像

ERcKVG1VAAASkPA.jpgERcKVG5UwAAHn_8.jpgERcKVHBUUAAThM0.jpg

トーハクへ行きました。
2019年11月6日~2020年2月9日まで東洋館で催されていた特別展
完売してしまったということで、とても残念でした
で、その会期後すぐで展示替えだったからでしょうか、
東洋館・2階3室(ガンダーラ彫刻のある部屋)はシャッターが下りていて見れませんでした…
26日以降は西アジア・エジプトの美術・西域の美術の特集が始まるようなので楽しみにしています。

写真1枚目 如来坐像(タイ/スコータイ時代14-15世紀)(日本は鎌倉時代後期~室町時代)
写真2枚目 宝冠如来頭部(タイ・アユタヤ/アユタヤ時代16-17世紀)(安土桃山~江戸時代)
写真3枚目 チャクラサンヴァラ父母立像(中国・チベット、またはネパール/15-16世紀)

地下展示室のお気に入りの仏像です
東南アジアの仏像は表情もフォルムも柔和で大らか、微笑みが印象的です
飾り気の少ない釈迦の姿は、本来の釈迦の姿に近いものがあるのかなと思います。
チャクラサンヴァラ父母立像はその見た目のインパクトも大きくて目が離せなくなります
全体的にオカルト要素満載で、骸骨や生首があしらわれ、
足元には異教の神様(シヴァ神?)が踏みつけられていて、手にしている生首はブラフマーだという?
抱いているのはヴァジュラヴァラーヒーという女神で、智慧を象徴する。
男神・ブッダの智慧(2/24追記)チャクラサンヴァラ・方便との合一により曼荼羅を生成する神聖な場面を描いた歓喜仏
…とざっくりした説明を書いても難しい( ;∀;)
先日、東寺で観ていた降三世明王立像はこのチャクラサンヴァラ父母立像の原形のような存在でもある。
降三世明王立像も足元にシヴァ神とカーララートリ(ウマー・烏摩)を踏みつけています。
偶然にも1週間のうちに共通する仏像を観れたということで、興奮しました。

I went to Tokyo National Museum.

1st photo: Seated statue of Nyorai (Thailand / Sukhothai era 14th-15th centuries)
2nd photo
Nyorai head (Ayutthaya, Thailand, 16th to 17th centuries) (Azuchi Momoyama-Edo period)
Third photo: Parents statue of Chakra Sanvara (Tibet, China, or Nepal / 15-16th century)

It is my favorite Buddha statue in the basement exhibition room
The expression and form of the Buddha statue in Southeast Asia are gentle and open, and the smile is impressive
I think that there is something that is close to the original Buddha's shape with little ornamentation.
The parent statue of Chakra Sanvara has a big impact on its appearance and you can not keep an eye on it
The whole is full of occult elements, with skeletons and heads,
The pagan god (Shiva?) Is trampled at your feet, and the head you are holding is Brahma...
She holds a goddess, Vajravarahhi, which symbolizes wisdom.
Buddha delights depicting a sacred scene in which a mandala is generated by uniting with the male god, Buddha's wisdom (postscript 2/24)

The statue of King III, who was watching at Toji the other day, is also the original figure of this statue of the parent of Chakra Sanvara.
The royal statue of the third generation, Meiji, is also stepping on Shiva and Kala Latri (Uma / Kuma).
I was excited to see a common Buddha image in a week.


Comments 0