Welcome to my blog

2022年火星逆行と日蝕の影響について

ゆらゆらきらきら

双子座での火星逆行が終わりましたね。
蟹座へイングレスするのは3月25日なので、まだ双子座に居るわけですが…今回の逆行は私の8室で起こっており、8室を連想する印象的な出来事が多いので備忘録を兼ねて書き残します(10月25日の日蝕の影響もあるため内容が入り乱れます)。

ざっくりとした流れ

9月4日にシャドウ入り(双子座8度)
10月22日ごろから動きが遅くなり留
10月30日 火星逆行開始(双子座25度)
12月8日 火星逆行の中間点(双子座16度)
12月29日 水星逆行開始(山羊座24度)

1月13日 火星逆行終了
1月18日 水星逆行終了

逆行前は過剰な野心や意欲が湧いてくるとされていますが、実際どうだったかというと9月、特に秋分あたりは「個展を開きたい」という気持ちが大きく膨らんでいた時期(5室n水星x8室nキロン・t火星:90度)。自分にしては野心的になっていました。
5室は創造的なことや個人活動によって情熱を燃やし続ける、8室は何かを得る代わりに差し出す自分の資質・深く関わる対象と一体化することによって自己が生まれ変わる場所です。火星逆行前の過剰な野心や意欲は5室n水星を刺激して、だから「個展を開きたい」という事に繋がっていくんですね…。
個展は個人活動の集大成の場所でもあり、また作品を見に来てくれた方と、情緒的な共感を共有しやすい濃い時間になります。個展を開くために時間もお金も労力も注ぎ込むので、毎回「個展前/個展後」では別人のようになっています。
今回の個展の時期の話になりますが、t火星xn土星オポジションp火星xt土星のスクエアが形成されており、火星x土星のハードが2重に強調されています。自分にとって、今後のステップのための努力や忍耐を必要とする時期であることが分かります。


9月末から1か月間はt太陽がn12室を運行するため例年引きこもって内観しているような時期になりますが、今年はなぜだか休日ごとに人と会う約束がありプライベートが充実していました。
10月25日、蠍座2度の日蝕(-t金星合)はn火星と180度。
10月30日頃、蠍座6度付近(nAsc)に太陽が近づく頃、初対面の男性に声を掛けられることが多かったです。これは太陽・金星が合の状態でnAscを通過した事と日蝕の影響と、二重の影響を受けていたように思います。
火星は私の6室カスプルーラーでもあるため、日々の生活を維持していくための労働や自己管理などにも課題が浮上してきます。

10月中に起こった日蝕の影響と思われる出来事

・家の裏手で車2台の交通事故が起こり、車は横転していたが人は無傷という現場に居合わせる
・額装の取材・記事化して頂いた
・前職場の方と出かけた帰り、直前の電車が人身事故で2時間身動き取れず、最寄り駅まで戻れない
・声を掛けてきた男性の一人と急速に親しくなる(この人も過去に横転事故したが無傷だったことがある)

どれも逆行前の火星のエネルギーと日蝕の影響を感じずにはいられない不思議な出来事が立て続けに起こりました。

火星逆行が双子座25度から始まり、n天王星(射手座26度)・n土星(射手座20度)とオポジションを形成していたためか、逆行直前は職場での行動を制限されるような出来事が起こりました。
6室ルーラーが抑圧されていると考えると、職場での行動制限・見直しという現象は教科書通りです。
行き過ぎた行動(火星)を抑制して一般的な範囲内に収める(土星)=n土星xt火星のオポジション

そして日蝕直後からご縁の切り替わりがはっきりと起こっていて、上記の男性とは火星がほぼ留のときに何かが噛み合い急速に親しくなり、なおかつ火星逆行も始まったおかげで停滞感やフラストレーションが浮上し、9月中の個展への意欲が別の方向へ分散し集中できなくなっていました(t火星x海王星のスクエアにn土星を含んだ柔軟宮Tスクエアを形成。2ー5-8室なので拘りを手放し、再構築させる葛藤)。
別の方向というのは主に絵の仕事と人間関係についてですが、n火星はもともとDscに乗っており、対人関係・男性との関係性について試行錯誤が多くなる傾向があり、さらに5-11室・牡羊座ー天秤座の月のノード軸でもあるので個人のアイデンティティ確立・パートナーとの調和的で独立した関りを学ぶ必要性を強調されています。独立・自立することは自分にとって大きな課題です。

そして逆行火星xn土星のオポジションの時期は「何をやっているんだろう」と悩んだり、自己嫌悪に陥ったり、本当にしんどい状況が2週間近く続きました。順行ではなく、逆行なので「過去の良くないパターン」を自覚させられ自己肯定感が地に突き落とされるような感じでした。
火星逆行が終わり、これから振り返ってきた問題点や課題と再度向き合うことになるわけなので気が重たいですが、太陽x火星のトラインになる1月30日頃どのような方向性の変化もって再浮上して来れるか、検証するのが楽しみです。

もうそろそろ太陽回帰ですが、火星期に入ってきている体感があります。
p月はp火星とコンジャンクション(出生図上ではタイトなスクエアを形成)、2月には双子座へイングレスし、7月には8室へ移動します。まだ暫くは8室関連の課題へ集中的に取り組むことになりそうです。
さらに10月の月蝕はn火星・地平線軸上で起こります。
火星期に入るからなのか…火星にスポットライトが当たっていると感じます。意欲的に、高く跳躍できるように行動したいです(n土星は射手座21度:眼鏡を掛けている子供と犬、n土星の象意をストレートにt火星を通して自覚した感があります)

Comments 0