Welcome to my blog

太陽・月・アセンダントについての雑感

lastart-kansei.jpg

昨年、久遠真雪さんの企画に参加させて頂きました。
優しく包み込んでくれる温かい世界観と、音世界に清らかな声が重なり素晴らしい1曲です。

占星術で、私の太陽は魚座、月は水瓶座にあります。アセンダントは蠍座。
頑固だし、学校嫌い。集団嫌い。厭なものは厭。
世間的に言われるような魚座らしいキャラクターとは到底思えず、
1か月違いの水瓶座なのではと思っていたこともありました。月の影響です。

月の水瓶座のためか、10~20代の頃イラストの勉強をしている中で
「こういう風に描けたら、生きられたら素敵だな、憧れる」と影響を受けていたのは
太陽を水瓶座に持つ先生方や友人でした。
月水瓶座では、ひっくり返っても太陽水瓶座のようにはなれないけど、吸収することはできるんじゃないかと思う。
マドモアゼル・愛先生は「月は欠損」と仰っていますが、私もそうだと思う。
月には「欠乏感」があり、その人の月が象徴するような事象を切望する性質があると感じています。
今、尊敬する画家も風星座の方ばかりで、こういう風にできたら…と思いますが、なれません。
自分の本質(太陽)と近い事を求めているのは水星座の方々だと思います。
月を足掛かりにして太陽を育てる感じだろうか。

Comments 0